2012年1月 1日

[postfix-jp: 4045]bounce_queue_lifetimeについて

森住と申します。

初歩的な質問で恐縮です。

本日、明らかに存在しないアドレスに対してメール送信がありました。
そして、その送信メールはdefferd状態?になってキューに溜っている状況です。
この溜っているメールをエラーメールとして、できるだけ早く送信者に送り返したい(削除ではないです)のですが、どのようにしたら良いのでしょうか?

関係しそうな設定を見たところ
minimal_backoff_time:1000s
maximal_backoff_time:4000s
maximal_queue_lifetime:5d
bounce_queue_lifetime:5d
となっています。

このままですと、5日後にエラーメールが送信者に返されることになりますよね?
maximal_queue_lifetimeとbounce_queue_lifetimeをそれぞれ1hに設定すれば、
1時間後にはエラーメールが送信者に返されると理解しているのですが、
問題ないでしょうか?

既にキューにメールが溜っている状態で、設定値を変更しても
キュー内のメールにもその変更は適用されるのでしょうか?

何卒よろしくお願いいたします。

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2012年1月 1日 22:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/108020
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。