2011年12月27日

[postfix-jp: 4033]基本的なことで恐縮です

いつもお世話になります。藤森と申します。

早速ですが,大変基本的なことだと思うので恐縮ですが,念のため,確認,ご示
唆いただければ幸いです。

例えば,main.cf に

smtpd_recipient_limit=100

smtpd_client_connection_count_limit = 30
smtpd_client_connection_rate_limit = 20
smtpd_client_recipient_rate_limit = 50
smtpd_client_message_rate_limit = 50

といった設定を行った場合,私の認識では smtp,smtpd,submission いずれにも
適用されると思うのですが,これを submission だけに適用したい場合,
main.cf から取り除いて,master の submission の項目に -o として記述すれ
ば,目的は実現できる,と言うことで間違っていないでしょうか。

実験できないマシンですので,先に,質問させていただきました・・・

背景にあるのは,実は今月二回ほど sasl の SMTPauth ID と PW が盗難に遭い
まして,CISCO のサイトで poor となったり,hotmail や aol で弾かれたり,
と,さんざんでして,次に盗難に遭った場合でも,回避策として,とりあえず流
量制限をしておこうと思いまして。

今回のケースでは,submission をコントロールすれば良いので,main か
master か?と思った次第です。

そもそも smtpd と submission の違いがよく判っていないかも知れません。

smtpd → 25 に MUA または他 MTA からのメール転送
submission → 587 に MUA からメール送信依頼
smtp → 自分から他の MTA に 25 にてメール転送すること

と言った程度の認識なのですが,これ,誤っていますでしょうか・・・

中途半端な知識で申し訳ございませんが,どうぞよろしくお願いいたします

========================================
==
== ◎インターネットサーバーの運営・設定・管理
== ◎ホームページの買い物カゴをつくりたい
== ◎Mac/Win両対応販売管理システム
==  「COSMOS」の配布・サポート・改造
== ◎パソコンのトラブル対応や操作指導,講演会
== ◎その他およそコンピュータにまつわる何でも
==
==  藤森プロダクション 藤森富士夫
==   http://www.fujimori-pro.gr.jp/info.html
========================================

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2011年12月27日 09:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107737
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。