2011年12月19日

[postfix-jp: 4028] Re:複数RCPTコマンド時の挙動について

木谷です。

postfix上で実現する方法はわかりません。
ですが、前段システムの方で工夫はできないのでしょうか。

前段システム -----> postfix -----> 送信

たとえば前段システムが、smtpコマンドでpostfixにアクセスできないという状況下では(できれば今回の問題は起こらないはずなので)、


1. 前段システムがpostfixに向けて送信するメールアドレスを専用アドレスにする
2. postfix内でprocmailを使うよう調整した上で、procmail+formailあたりで専用アドレスから来たメールについては宛先を書き換えて転送するとか

2011年12月19日10:52 石原 <ishihara0502@xxxxx>:
> 石原です。
>
> 質問連投ですみません。
>
>
> destination_recipient_limit = 1
> とすることにより複数RCPT TOがある場合、1つの宛先につき1メールずつ送信することは出来ました。
>
> しかし、1メール毎にRCPT TOのアドレスをToヘッダに設定することが出来ずに苦戦しています。
> 前提として、受け取るメールにはToヘッダは設定されてきておりません。
>
> main.cfに
> smtpd_recipient_restrictions = check_recipient_access
> regexp:/etc/postfix/prepend_rcpt_to
> ,permit_mynetworks
> ,reject_unauth_destination
>
> prepend_rcpt_toに
> /(.*)/ PREPEND To: $1
>
> のように設定すれば、RCPT TOのアドレスをToヘッダに設定することが出来るのですが、
> 全てのメールに全てのRCPT TOのアドレスがToヘッダに設定されてしまいます。
>
>
> 解決法やヒントになるものでも構いませんので、
> ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願えますでしょうか。
>
> _______________________________________________
> Postfix-jp-list mailing list
> Postfix-jp-list@xxxxx
> http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list

--
京都大学東南アジア研究所
木谷 公哉(KITANI Kimiya) kitani@xxxxx

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2011年12月19日 11:47
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107823
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。