2011年11月24日

[postfix-jp: 4006] Re:Mailbox Full発生にTry Againを返す

On Thu, 24 Nov 2011 11:04:59 +0900, 青山 雅俊 <ms.aoyama@xxxxx> wrote:

>  利用者が、2,3日出張に出掛けてるなんて間に
>  パンクしちゃうケースもゼロではないでしょうから、
>  MUA頼みで警告を促すってのも、どうかなぁ。
>
>  組織内の全員が同じメーラ使ってる訳でなく、
>  メーラ使ってる間、warningが出続けるのも

>  鬱陶しいでしょうし。

しかし、使ってる時に出さないと整理するというやる気を出さないというのもよくある話。

>  因みに「気の利いたクライアント」ってのは
>  例えばどんなメーラでしょうか?

すいません、最近のクライアントは追っかけてないので、具体例は出せません。

メッセージの出し方には2種類あります。
1. MUA がサーバに問い合わせて表示する
2. サーバが MUA に ALERT を通知する

1. の場合、MUA が Quota extension に対応している必要がありますが、
メールボックスのプロパティ表示で表示したり、選択したときに
インジケータに表示したり、という形式です。

2. の場合、サーバ側が QUOTA 一杯になってると ALERT 応答を返して、
MUA がそれを表示するという形式です。ALERT 応答を MUA が表示することは
「MUST」なので、何らかの形で表示されることが期待されます。


ちなみに、うちでは Cyrus IMAP Server を使っていますが、

* lmtpd は quota に引っかかった場合、temporary failure を返す
(permanent にも設定を変更可能)
* quota の warning で ALERT を上げる閾値を 利用%か残りkBで指定可能
(warning は該当メールボックスが開かれた場合に上げられる)
* lmtpd が ignorequota にも対応しているので、quotaに引っかかっていても、
通知メールは送信可能

ドキュメントを見る限りでは、Dovecot でもだいたい同じですが、
Quota warning を ALERT で返すのでなくて、閾値を超えた時に
任意のコマンドを実行でき、閾値を何段階でも設定できるようです。

--
お役に立てない(^^;
OBATA Akio / obata@xxxxx
せかいは ひろがる ちきゅーは まわる。

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2011年11月24日 15:18
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107474
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。