2011年10月15日

[postfix-jp: 3992]「postfix + dovecot 2.0」のquotaについて


お世話になっております。
高橋です。

以前はsieveの件でお助け頂き、ありがとうございました。
あれ移行、sieveについては問題なく動作しております。
ただ1点、今度は「quota」が想定通りの動作をせず、数日間色々と
試行錯誤してきましたが、、解決できずに非常に困っております。

詳細は次の通りとなります。


■現象の概要
dovecotにて「Maildir++」 の 「quota」を設定していますが、
「maildirsize」の1行目のquota値が「0S」になってしまいます。
メールの送受信を行うと「maildirsize」は更新されるようですが、
1行目が「0S」から変動しません。
メール送受信時に「maillog」を確認しましたが、
エラーも出ていない状況です。
quota値はMySQLから取得しています。
DB(MySQL)の「mailbox」テーブルの「quota」フィールドには
2Gの値「2097152000」が入っています。

■構成
構成  :Postfix + Dovecot v2.0 + PostfixAdmin + MySQL
CentOS :5.7
Postfix:2.3.3-2.3 SRPMから VDAパッチ+MySQL有効化してリビルド
Dovecot:2.0.15   ソースからビルド
MySQL :5.1.59

■Postfixのmain.cf設定値(Quota関連の場所のみ)
virtual_create_maildirsize = yes
virtual_mailbox_limit = 0
virtual_mailbox_extended = yes
virtual_mailbox_limit_maps = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_mailbox_limit_maps.cf
virtual_mailbox_limit_override = yes
virtual_overquota_bounce = yes
virtual_mailbox_limit_inbox = no
virtual_maildir_extended = yes

mysql_virtual_mailbox_limit_maps.cfファイル内容
-----------------------
user = postfix
password = hogehoge
hosts = localhost
dbname = postfix
table = mailbox
select_field = quota
where_field = username
-----------------------

■Postfixのmaster.cf設定値(dovecotのみ記載)
dovecot unix - n n - - pipe
flags=DRhu user=vuser:vuser argv=/usr/local/libexec/dovecot/deliver -f ${sender} -d ${recipient}

■dovecot(dovecot -nコマンドの実行結果の一部)
mail_plugins = quota
plugin {
autocreate = Trash
autocreate2 = Junk
autocreate3 = Sent
autocreate4 = Drafts
autosubscribe = Trash
autosubscribe2 = Junk
autosubscribe3 = Sent
autosubscribe4 = Drafts
quota = maildir:User quota
sieve = %h/.dovecot.sieve
sieve_dir = %h/sieve
sieve_global_dir = /usr/local/virtual/sieve/
sieve_global_path = /usr/local/virtual/sieve/default.sieve
}
postmaster_address = postmaster@xxxxx
protocols = imap pop3 lmtp sieve sieve

protocol lmtp {
mail_plugins = quota sieve
}
protocol lda {
mail_plugins = quota sieve
}
protocol imap {
imap_client_workarounds = delay-newmail tb-extra-mailbox-sep
mail_plugins = quota imap_quota autocreate
}
protocol pop3 {
mail_plugins = quota
pop3_client_workarounds = outlook-no-nuls oe-ns-eoh
}


もし設定値がおかしい、他にこの情報が欲しい等ございましたら、
ご連絡頂ければと存じます。


--_b7e39429-3e9e-487e-9c95-5f9abc4cbeb2_
Content-Type: text/html; charset="iso-2022-jp"
Content-Transfer-Encoding: 7bit

<html>
<head>
<style><!--
.hmmessage P
{
margin:0px;
padding:0px
}
body.hmmessage
{
font-size: 10pt;
font-family:メイリオ
}
--></style>
</head>
<body class='hmmessage'><div dir='ltr'>
お世話になっております。<br>高橋です。<br><br>以前はsieveの件でお助け頂き、ありがとうございました。<br>あれ移行、sieveについては問題なく動作しております。<br>ただ1点、今度は「quota」が想定通りの動作をせず、数日間色々と<br>試行錯誤してきましたが、、解決できずに非常に困っております。<br>詳細は次の通りとなります。<br><br><br>■現象の概要<br>dovecotにて「Maildir++」 の 「quota」を設定していますが、<br>「maildirsize」の1行目のquota値が「0S」になってしまいます。<br>メールの送受信を行うと「maildirsize」は更新されるようですが、<br>1行目が「0S」から変動しません。<br>メール送受信時に「maillog」を確認しましたが、<br>エラーも出ていない状況です。<br>quota値はMySQLから取得しています。<br>DB(MySQL)の「mailbox」テーブルの「quota」フィールドには<br>2Gの値「2097152000」が入っています。<br><br>■構成<br>構成  :Postfix + Dovecot v2.0 + PostfixAdmin + MySQL<br>CentOS :5.7<br>Postfix:2.3.3-2.3 SRPMから VDAパッチ+MySQL有効化してリビルド<br>Dovecot:2.0.15   ソースからビルド<br>MySQL :5.1.59<br><br>■Postfixのmain.cf設定値(Quota関連の場所のみ)<br>virtual_create_maildirsize = yes<br>virtual_mailbox_limit = 0<br>virtual_mailbox_extended = yes<br>virtual_mailbox_limit_maps = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_mailbox_limit_maps.cf<br>virtual_mailbox_limit_override = yes<br>virtual_overquota_bounce = yes<br>virtual_mailbox_limit_inbox = no<br>virtual_maildir_extended = yes<br><br>mysql_virtual_mailbox_limit_maps.cfファイル内容<br>-----------------------<br>user = postfix<br>password = hogehoge<br>hosts = localhost<br>dbname = postfix<br>table = mailbox<br>select_field = quota<br>where_field = username<br>-----------------------<br><br>■Postfixのmaster.cf設定値(dovecotのみ記載)<br>dovecot unix    -       n       n       -       -       pipe<br>  flags=DRhu user=vuser:vuser argv=/usr/local/libexec/dovecot/deliver -f ${sender} -d ${recipient}<br><br>■dovecot(dovecot -nコマンドの実行結果の一部)<br>mail_plugins = quota<br>plugin {<br>  autocreate = Trash<br>  autocreate2 = Junk<br>  autocreate3 = Sent<br>  autocreate4 = Drafts<br>  autosubscribe = Trash<br>  autosubscribe2 = Junk<br>  autosubscribe3 = Sent<br>  autosubscribe4 = Drafts<br>  quota = maildir:User quota<br>  sieve = %h/.dovecot.sieve<br>  sieve_dir = %h/sieve<br>  sieve_global_dir = /usr/local/virtual/sieve/<br>  sieve_global_path = /usr/local/virtual/sieve/default.sieve<br>}<br>postmaster_address = postmaster@xxxxx<br>protocols = imap pop3 lmtp sieve sieve<br><br>protocol lmtp {<br>  mail_plugins = quota sieve<br>}<br>protocol lda {<br>  mail_plugins = quota sieve<br>}<br>protocol imap {<br>  imap_client_workarounds = delay-newmail tb-extra-mailbox-sep<br>  mail_plugins = quota imap_quota autocreate<br>}<br>protocol pop3 {<br>  mail_plugins = quota<br>  pop3_client_workarounds = outlook-no-nuls oe-ns-eoh<br>}<br><br><br>もし設定値がおかしい、他にこの情報が欲しい等ございましたら、<br>ご連絡頂ければと存じます。<br><br> </div></body>
</html>
--_b7e39429-3e9e-487e-9c95-5f9abc4cbeb2_--


--===============0352246687==
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="iso-2022-jp"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
Content-Disposition: inline

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list

--===============0352246687==--


投稿者 xml-rpc : 2011年10月15日 12:42
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107887
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。