2011年6月28日

[postfix-jp: 3933]メール受信から始まる実行スクリプトファイルの所有者について

お世話になります linuxサーバ管理初心者の 安原と申します。

あるアカウントへ受信した時、phpスクリプトを走らせ、
送信元へ「ワンタイムパスワードを知らす」メールを送信すると言う
よくあるシステムを作りましたが。

phpスクリプトの所有者がrootの方が良いのか? 一般ユーザでも OK なのか?
ご教示いただけないでしょうか。


状況:
/etc/aliases に
recieve: |/etc/smrsh/sendpassword.sh #phpスクリプト

を記述し、
( /etc/smrsh/sendpassword.sh は、sendpassword.sh実行ファイルのsymlinkで
す。)

# ls -l /etc/smrsh
lrwxrwxrwx 1 root root 41 6月 6 20:00 sendpassword.sh ->
/apps/content/scripts/sendpassword.sh

このphp実行ファイルの所有者を一般ユーザにしても、755のパーミッションで、
実行は行われているようですが、
所有者を rootにした場合との実行のされ方に違いはありますか?
( 例えば、同時期にプロセスが生成される最大数がrootの方が多いとか。。)

ふつうシステムが関与する実行ファイルは、所有権をrootにすると考えるのですが、
一般ユーザにすることによる弊害がありましたら、
教えてください。

よろしくお願いします。

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2011年6月28日 21:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105090
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。