2011年6月11日

[postfix-jp: 3913] Re:OS障害時のActiveキューにあるメッセージについて

こんにちは。

In message <110C0665C24145D88DBD455C66E9B812@xxxxx>
on Mon, 30 May 2011 18:06:10 +0900,
真々田守孝 <mozaki@xxxxx> wrote:
> 一度に大量のメールを送信するシステムの構築をしようとしているのですが
spam発信じゃありませんよね。:-)

> メッセージが、Activeキューのメモリに入っている状態で
> OSがダウンした場合、そのメッセージは復旧(OS再起動)後
> 正しく相手に届くことが出来るでしょうか?
「Activeキューのメモリ」とは何でしょう?

> Activeキュー上のメッセージは、メモリにしか保存されず
> 上記のようにOSが落ちた場合は、IncomingやDefferdと違い
> 保護されないものなのでしょうか?
ソースコードを読んで確認したわけではありませんが、一般論としては配送が
完了するまで何らかの形でファイルシステムにメッセージは留めておくのは、
Postfixやsendmailのようなメール配送のプログラムの設計上としては当然の
ことと考えます。

最悪、(というか実際に)障害の後で複数のメールのメッセージが配送されるこ
とはあっても、失われることはまずないでしょう。

もちろん、稼働しているオペレーティングシステムやファイルシステムに依存
しますが、突然電源をブチッと切られてファイルが失われたような場合もあり
得るので「絶対」とは言えないわけですが。

--
神戸 隆博 / Takahiro Kambe

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2011年6月11日 09:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104334
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。