2011年1月19日

[postfix-jp: 3889]sender_bcc_mapsの設定方法について

いつもお世話になっております。
skyfieldです。

WebARENA SuitePRO V1上でFedoraCore3+Postfix 2.1.5を使用しております。

特定のユーザが送信した場合に、すべての送信メールをある管理者に
BCCを送付する設定にしようと思い、以下の手順で設定しました。
1. main.cfをTeraterm上でviエディタを使用して、以下の行を

 追加記述、ファイル保存

sender_bcc_maps = hash:/etc/postfix/soushinbcc

2.以下のコマンドで空ファイルを作成

mktemp soushinbcc

3.viエディタでsoushinbccを開き、以下の行を記述、ファイル保存

aaaa@xxxxx bbbb@xxxxx

4.postfixの再起動

この時点で、ログを確認すると

postfix/cleanup[7161]: fatal: open database
/etc/postfix/soushinbcc.db: No such file or directory

というログが表示されていましたので、

5.mvコマンドでsoushinbcc を soushinbcc.db に名前の変更

を行うと、次に

postfix/cleanup[15107]: fatal: open database
/etc/postfix/soushinbcc.db: Invalid argument

というログに変わりましたが相変わらず思った動作にならない状況です。

通常のテキストファイルで記述するだけではだめなのでしょうか。
postfitというよりはLinuxの基礎的なことかもしれませんが
ご存じの方がいらっしゃいましたらご助言頂けないでしょうか。

宜しくお願い申し上げます。

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2011年1月19日 21:39
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101434
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。