2011年1月 6日

[postfix-jp: 3887] Re:Postfixのalways_bcc等で、元のBCCが上書きされてしまう

岩本といいます。

細かい点ですが。

On Thu, 06 Jan 2011 02:34:00 +0900
Mitsuru Ogino <ogino@xxxxx> wrote:

> メールから Message-ID: の行をみて、それをログ中の message-id= から検索

> し、そこからキュー ID を得、同じキュー ID のログから to= を検索して宛先
> を確認します。

キュー ID を調べるのならば、Received: ヘッダを見る方が手軽ですね。
by SMTPサーバ名 となっている Received: ヘッダを探して、with ESMTP id の
後ろに書かれている ID を確認します。

例えば、

| Received: from lists.sourceforge.jp (lists.sourceforge.jp [202.221.179.24])
| by mail.iwmt.org (Postfix) with ESMTP id 7DE0760C20E
| for <sue@xxxxx>; Thu, 6 Jan 2011 02:34:19 +0900 (JST)

という Received: ヘッダならば、キュー ID は 7DE0760C20E になります。


> 固有でない Message-ID まで考慮するなら日時で絞り込むとかが必要かもしれま
> せん。

キュー ID も再使用されますので、流量が多いサイトの場合は日時で絞り込む
必要が出ると思います。

--
いわもと こういち(sue@xxxxx/sue@xxxxx/sue@xxxxx)
# なるようになれ、明日もイケイケ♪

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2011年1月 6日 10:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101124
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。