2011年1月 6日

[postfix-jp: 3886] Re:Postfixのalways_bcc等で、元のBCCが上書きされてしまう

荻野と申します。

Naomi Kariya said the following on 11/01/05 19:26:
>   ・メールの送信経路は、
>       クライアント (送信) → SMTPサーバ → 外部SMTPサーバ(または
> ローカル)
(略)
> ところが、以下の問題が発生して、困っております。

>
>  ・メールアーカイブサーバで、ユーザが指定したBCCアドレスが確認できません。
>   (BCCが、always_bcc/recipient_bcc_mapsで指定した宛先で上書かれてしまう)

Bcc が確認できない、というのはメールのヘッダに Bcc: という行がないという
意味でしょうか。だとすれば、Bcc: ヘッダはクライアントからの送信時にはす
でに削除済なので SMTP サーバではどのような設定をしてもヘッダとしてとらえ
ることは出来ません。

To/Cc/Bcc の区別はできませんが、メールの宛先としては SMTP サーバのログに
残っているはずですから、それを別途収集するぐらいしか無いのではないでしょ
うか。宛先のうち、To: にも Cc: にも無いものが Bcc: だと推定できます。単
にログを保存するだけでも目的にかなうかもしれませんが。

メールから Message-ID: の行をみて、それをログ中の message-id= から検索
し、そこからキュー ID を得、同じキュー ID のログから to= を検索して宛先
を確認します。

> $ grep -F 4D244767.2070900@xxxxx /var/log/mail.log
> Jan 5 19:26:29 black postfix/cleanup[1078]: 816376000087: message-id=<4D244767.2070900@xxxxx>

> $ grep 816376000087: /var/log/mail.log | grep 'to=<'
> Jan 5 19:26:29 black postfix/local[1079]: 816376000087: to=<ogino@xxxxx>, relay=local, delay=1.4, delays=1.3/0.01/0/0.05, dsn=2.0.0, status=sent (delivered to maildir)

固有でない Message-ID まで考慮するなら日時で絞り込むとかが必要かもしれま
せん。

SMTP サーバで転送がされている場合、ログ中 to= の後ろに orig_to= があれ
ば、orig_to= の方がクライアントが指定した宛先になります。

--
荻野 充 (おぎの みつる) ... 「萩(はぎ)」にあらず
Key fingerprint = 7F26 5414 1805 F31B 1617 10B7 C117 07AE 1691 9BD1

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2011年1月 6日 02:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101122
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。