2010年8月27日

[postfix-jp: 3832] Re:MAIL FROM:の制限/smtpd_delay_reject

ご指摘ありがとうございます。

> これだと、自管理のその他のドメインや、よそのドメインから該当のドメインに
> メールが送れないですけれど、それでいいですか?

はい。該当ドメインは members_sql に登録されているアドレス以外から
一切メールを受ける必要は無いです。

なるほど、全てにマッチして REJECT で良いのなら 最後に reject で良いのですね。
必要なファイルも減らせてスッキリしますね。
そのように変更して見ましたが、
岩本様も書いて下さっている通りエラーメッセージが
Recipient address rejected: Access denied
と変わりました。
RCPT TO: を拒否していると思われて送信者に誤解を与えると思い。
元に戻して
Sender address rejected: Only members
となりました。

smtpd_delay_reject = no を設定している為、該当ドメインの検出は
smtpd_recipient_restrictions = の中に置きました。

--

check_client_access のgreylistで拒否するものは recipient までログに残したいが
reject_rbl_client や 他の check_client_access 拒否リスト で拒否する物は
その時点でrejectしたいのですがこれは無理ですよね?

本当はそれらの recipient のログもほしいのですが。
relay_recipient_maps = の参照先のマシンで MYSQL が悲鳴を上げていて
max_connections等を上げてもスパムの大量攻撃に疲れています。

smtpd_delay_reject = yes でも relay_recipient_maps = の手前までで
reject などと わがままな設定は出来ますか?

--
けんずふぁみりー <kenji@xxxxx>

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2010年8月27日 14:07
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97978
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。