2010年7月31日

[postfix-jp: 3817] Re:postfixadminとの組み合わせで謎の現象

竜@コンプネットです

| 大塚 総司(OTSUKA soushi) <otsuka@xxxxx> wrote at 2010/07/23 3:03:31
| quote from '[postfix-jp: 3812] postfixadminとの組み合わせで謎の現象'
| ___ Message-ID: <20100723.030331.193691436.otsuka@xxxxx>
>
> postfix+postfixadminとの組み合わせで謎の現象が発生しております。
:

<snip>
:
> これはpostfixadminが文字コードlatin1でテーブルを作成しており、全角文字が含まれ
> たクエリを処理する時に出力されるMySQLのエラーです。
> 僕はpostfixadminのテーブルの一部をutf-8に変えることでMySQLのエラーを出ないよう
> にしました。
> 変更部分は以下の通りです。
>
> aliasテーブルのaddress
> ※使ったSQL文
> ALTER TABLE `TABLE名`.`alias` MODIFY COLUMN `address` VARCHAR(255) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NOT NULL;

当方では、PostfixAdmin がデータベースを作成するとき、わざわざ CHARACTER
SET latin1 を指定していることに不安を感じて、PostfixAdmin をインス
トールしてすぐに PHP コード (upgrade.php) を修正して、utf8 でテーブ
ルを作成するようしてから、使用を開始しました
参考までに修正箇所を以下に載せておきます (PostfixAdmin のバージョン
は 2.3)

*** /usr/share/postfixadmin/upgrade.php.orig 2009-10-25 04:44:32.000000000 +0900
--- /usr/share/postfixadmin/upgrade.php 2010-07-10 06:23:56.172941097 +0900
***************
*** 168,170 ****
'{UTF-8}' => '/*!40100 CHARACTER SET utf8 */',
! '{LATIN1}' => '/*!40100 CHARACTER SET latin1 */',
'{IF_NOT_EXISTS}' => 'IF NOT EXISTS',
--- 168,170 ----
'{UTF-8}' => '/*!40100 CHARACTER SET utf8 */',
! '{LATIN1}' => '/*!40100 CHARACTER SET utf8*/',
'{IF_NOT_EXISTS}' => 'IF NOT EXISTS',

____
Nakane Ryuji living at Nagoya
// business http://www.compnet.jp/
// GnuPG Key fingerprint
// A6BF B764 B522 9533 CEC0 CB31 C36C 98DA 9289 8308

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2010年7月31日 06:47
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97365
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。