2010年5月25日

[postfix-jp: 3798] Re:webmasterにメールが届かない?

大里です

On Tue, 25 May 2010 10:14:45 +0900
渡辺 <watanove@xxxxx> wrote:

 まったく老婆心かもしれませんが、

> o 動作環境

> Linux version 2.4.20-8
> (gcc version 3.2.2 20030222 (Red Hat Linux 3.2.2-5))
> です。/proc/versionからのコピーです。
> ※前回のメールでpostconfではバージョンが1.1.11となっていましたが、

 これって?、記憶を辿ると RedHat9 のリリース時のまっさら初期状態のような?
 いや、うちのサーバも元は RedHat9 ではあるんですが、当然ながら原型を留めない
ほど自家 build で更新してます。
 で、postfix 自体単独では最新の 2.7.0 でもさっくり build もできるんですが、
前のメールだと sasl_auth をお使いのようなので、

> o インストールの方法
> ソースからインストールしました。
> postfix2.3.3

 これだと、かなり苦労しませんか?
 postfix-2.2.x までならいいんですが、2.3 あたりから cyrus-sasl のバージョン
を上げなきゃいけなくなって、warning が出始め、sasl を上げると今度は db4 も
4.0 じゃなく 4.1 を要求されて、そうなると関連するパッケージに芋づる式に気の遠
くなるような依存性の泥沼が待ち構えていて……断念。
 というような記憶があります。
 私は Windows ノートでも cygwin が標準インストールで ssh トンネル掘るから
sasl 不要という人間なので構わないのですが。

> make makefile CCARGS="-DUSE_SASL_AUTH =DUSE_CYRUS_SASL
> -I /usr/include/sasl" AUXLIBS="-L/usr/local/lib -lsasl2"
>
> だと思います。(古いメモ書きからの写しなので誤字等あるかもしれません。)
>
> ※前回のメールでpostconfではバージョンが1.1.11となっていましたが、
>   ソースについているバージョンは別でした。
> ※RPMで入っていた1.1.11をそのままにしてあるため、postconfが
>  おかしな数字を返しているのでしょうか。
>  こちらが動いちゃっているのでしょうか。

 というか、postfix は rpm パッケージ作るのも素直で楽なんだし、CentOS や
fedora の srpm は僅かな手直しで使えたような気もしますし、ちゃんとパッケー
ジングしましょう。
 postconf が rpm データベースからバージョンを拾ってきているとは考えにく
いのですが、どうなんでしょう。
 で、パッケージを作らないと上記のような不整合も警告されないので、問題を
抱えたまま運用しているかもしれない。
 いや、別に rpm 作るなんて面倒な事しなくても全て把握済みさ、って力量を
お持ちの方なら言うことありません。ごめんなさい。

--
; kazz

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2010年5月25日 17:42
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/95969
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。