2010年3月18日

[postfix-jp: 3744] Re:配送できないメールを一時的にキューに溜めておく方法

さとうふみやす @ OSSTech です。

At Thu, 18 Mar 2010 13:08:52 +0900,
nakafumi wrote:
> > E91AB88138: to=<user1@xxxxx>, relay=local, delay=0.08,
> > delays=0.04/0/0/0.05, dsn=5.2.0, status=bounced (can't create user
> > output file. Command output: procmail: Couldn't create "/var/mail/user1"
> > procmail: Couldn't chdir to "/home/user1/Maildir" procmail: Error while

> > writing to "./.procmail.log" procmail: Lock failure on "msgid.lock" formail:
> > Couldn't open "msgid.cache" procmail: Unable to treat as directory "./new" procmail: Skipped "." )
>
> procmailはspamassasinと重複メール制御に使っています。
> ということでprocmailのことになってしまいますが、
> 追加のアドバイスありましたら宜しくお願いします。

procmail を次のようなラッパースクリプト経由で起動させるとか。

#!/bin/sh
/path/to/procmail ${1+"$@"} || exit 75
exit 0

この例だと procmail のあらゆるエラーが 75 (EX_TEMPFAIL) になるので、
そこんとこご注意を。必要であれば適宜調整してくださいな。
それに当然 /bin/sh を起動する分だけ実行ペナルティがあります。

よくわからないようであれば、下手に真似せずに、まずは勉強するか、
別の手段にしてくださいね。

--
-- Name: SATOH Fumiyasu (fumiyas @ osstech co jp)
-- Business Home: http://www.OSSTech.co.jp/
-- Personal Home: http://www.SFO.jp/blog/

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2010年3月18日 13:53
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/94267
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。