2010年3月18日

[postfix-jp: 3739] Re:配送できないメールを一時的にキューに溜めておく方法

さとうふみやす @ OSSTech です。

At Thu, 18 Mar 2010 11:01:26 +0900,
nakafumi wrote:
> PostfixをMaildir形式で運用しています。
> 加えてホームディレクトリをiSCSIの別ドライブとしています。
> この状況下で、ネットワークトラブルなどで一時的にホームが見えなくなったとき、
> 配送できないメールがキューに溜まるかと思っていましたが、

> chdirできないということでバウンスされてしまいました。

local(8) だと chdir(2) はしないと思うのですが、実際は
どんなエラーメッセージになっているんでしょうか?
ご自身で内容を判断できないのであれば、変に省略せずにそのまま
ログ等のメッセージを見せるようにしてください。

Postfix のバージョン、`postconf -n`、OS の情報もあったほうが
いいでしょう。

> このような場合、一時的にメールキューに溜めておく設定はありますでしょうか。

local(8) を利用しているなら、master.cf で local に
-o command_execution_directory=/path/to/parent/of/home/dir
オプションを付けるとか?
local(8) のマニュアルに次のように書いてあるので。

Optionally, the process working directory is changed to the
path specified with command_execution_directory
(Postfix 2.2 and later). Failure to change directory causes
mail to be deferred.

やったことはないので、副作用があるかどうかなどはわかりません。
悪からず。

--
-- Name: SATOH Fumiyasu (fumiyas @ osstech co jp)
-- Business Home: http://www.OSSTech.co.jp/
-- Personal Home: http://www.SFO.jp/blog/

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2010年3月18日 12:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/94261
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。