2010年3月18日

[postfix-jp: 3738] Re:配送できないメールを一時的にキューに溜めておく方法

青山です。

 メールスプールをiSCSIストレージ上に置くとかすると、

 本番サーバで障害発生した際に、同一構成のバックアップ
 サーバからマウントし直せば、業務継続が出来たりするの
 だろうか、とか私も考えた事がありますが・・。

 iSCSIの場合、OSからの見え方はローカルDiskと同様ですから、
 そのパーティションが、突然見えなくなってしまうのでは、
 避けようがないエラーではないですかね。

 サーバとiSCSIストレージを、出来るだけ物理的な近所に
 置いて障害ポイントを少なくし、尚且つ、マルチパスで
 異なるスイッチを跨らせるとか、機器構成上の工夫以外に、
 Postfix側で緩和する方法があるでしょうか。

 解決策があれば、私もお聞きしたいです。
 全然アドバイスになってないすね。 (^_^;


>お世話になります、仲村です。
>
>PostfixをMaildir形式で運用しています。
>加えてホームディレクトリをiSCSIの別ドライブとしています。
>この状況下で、ネットワークトラブルなどで一時的にホームが見えなくなったとき、
>配送できないメールがキューに溜まるかと思っていましたが、
>chdirできないということでバウンスされてしまいました。
>このような場合、一時的にメールキューに溜めておく設定はありますでしょうか。
>
>-----
>nakafumi <nakafumi_ml@xxxxx>
>
>--------------------------------------
>VANCOUVER 2010 PARALYMPIC GAMES News
> http://pr.mail.yahoo.co.jp/para/
>
>_______________________________________________
>Postfix-jp-list mailing list
>Postfix-jp-list@xxxxx
> http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2010年3月18日 12:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/94260
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。