2009年12月 8日

[postfix-jp: 3671] Re:MTAとMSAとしての挙動を変えるには?

In message <20091207232240.CBB6.A8CF6BC6@xxxxx>
on Mon, 07 Dec 2009 23:22:45 +0900,
NISHIMURA Yutaka <forml@xxxxx> wrote:
>> In message <20091204224454.2CA1.A8CF6BC6@xxxxx>
>> on Fri, 04 Dec 2009 22:44:54 +0900,
>> NISHIMURA Yutaka <forml@xxxxx> wrote:
>> > ただ、これだと、メールを受け取った後の挙動が同じになってしまいます。
>> > 587番ポートで動いている方では、不足ヘッダ(Date, Message-Id等)の補完を行いたいのですが、

>> > MTAで待ち受けている方では、ヘッダの補完はしたくありません。
>> と、いったされたい動機は何でしょうか?
>
> Message-idはともかく、DateやSubject等の必須ヘッダの無いメールは
> メーラ側で跳ねたいのですが、postfix側で補完されていては
> 望みのことが出来ませんでしたので、こういう質問に至った次第です。
なるほど、そういうことでしたか。そのような背景も含めて質問をされた方が、
何かと広がりのある内容になると思います。

なお、Subjectは必須なヘッダのフィールドではありません。(NetNewsでは必須でしたが。)

--
神戸 隆博 / Takahiro Kambe

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年12月 8日 00:27
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/91245
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。