2009年12月 4日

[postfix-jp: 3662]MTAとMSAとしての挙動を変えるには?

西村です。

ちょっと設定方法が判りませんので、
ご存知の方おられましたら教えてください。

postfix-2.6.5を利用しております。

MTA用に25番ポート、MSAとして587番ポートでpostfixを待ち受けさせる。

サブミッションポートに関してはSASLでsmtp認証をさせる。
ここまでは問題なく動作しております。

ただ、これだと、メールを受け取った後の挙動が同じになってしまいます。
587番ポートで動いている方では、不足ヘッダ(Date, Message-Id等)の補完を行いたいのですが、
MTAで待ち受けている方では、ヘッダの補完はしたくありません。

現在MSAとしての挙動としては問題ありませんので、
MTAとして、ヘッダの補完を停止させる方法は有りませんでしょうか?

宜しくお願いいたします。

--
NISHIMURA,Yutaka./西村ゆたか <forml@xxxxx>

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年12月 4日 22:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/91175
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。