2009年8月25日

[postfix-jp: 3555]「Temporary lookup failure」について

こんにちは。
はぎわらと申します。

Postfix 2.6.1をRedhat Enterprise Linux 5.3環境で利用しております。
VirtualDomain対応として、PostgreSQL8.3.7とTrendMicro IMSS 7.0を
併用して利用しております。(同一サーバ内にて)
SMTP送信は、SMTP認証を設定しており、
cyrus-sasl-2.1.23,courier-authlib-0.62.2を利用しております。


稼働当初は順調だったのですが、最近になって、一部のユーザからメールを
送る際に、まれに「Temporary lookup failure」と出て、メールソフトから
メールが送れないときがあるという話があがってきました。

個人でも分かる範囲で調査をしたのですが、「Temporary lookup failure」が
どのような事が起きている状態なのかが、よく分からない状況です。

たいへん申し訳ないのですが、こういったパターンの時におきる等、
なにか参考になる情報がありましたら、教えて頂けないでしょうか?

postconf -aの結果
cyrus
dovecot

postconfの結果は、非常に長かったので、必要があれば開示させて頂きます。


恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。


----------------------------
T.HAGIWARA

mail:
linker@xxxxx
----------------------------

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年8月25日 10:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87897
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。