2009年5月30日

[postfix-jp: 3504] Re:MacOSXServerアップデートで不具合

今はMacOSXServer10.3.9が動いているのですが、こちらのcyrusサーバに
telnet /var/imap/socket/lmtp
で接続してみたところ、

root# telnet /var/imap/socket/lmtp
Trying /var/imap/socket/lmtp...
No connection.
Escape character is '^]'.

220 pobox LMTP Cyrus v2.2.12-OS X 10.3 ready
LHLO pobox.ns.tcu.ac.jp
250-pobox
250-8BITMIME
250-ENHANCEDSTATUSCODES
250-PIPELINING
250-SIZE
250-AUTH EXTERNAL
250 IGNOREQUOTA
MAIL FROM:<inoue@xxxxx>
250 2.1.0 ok
RCPT TO:<inoue@xxxxx>
250 2.1.5 ok

と、ドメイン付きで受け付けてくれました。新しい方では上記のようにしても件
のエラーメッセージが出て、RCPT TO:<inoue>だと受け付けてくれます。元の
imapd.confにはdefaultdomainもvirtdomainsも定義されていません。postfixの
動作が変わったとばかり思いこんでいましたが、cyrus-imapの動作が変わったの
が原因だったのでしょうか。postfixがUNIXドメインソケットを通じて送ってく
る通信内容が見えたら確かめられるんですが。しかし、cyrus-imapの動作が変
わったとすると、新規インストールされたMacOSXServer10.5ではどういう風にし
てメールをやりとりできているんでしょう。
--
https://www.ns.tcu.ac.jp/%7einoue/Signature/ 井上
.

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年5月30日 22:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85515
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。