2009年5月29日

[postfix-jp: 3494] Re:docomoに関するリターンメールの読み方について

木谷です。

2009/05/29 3:09 IWAMOTO Kouichi <sue@xxxxx>:
> 岩本です。
>
> On Wed, 27 May 2009 16:47:02 +0900
> Kimiya Kitani <kitani@xxxxx> wrote:
>

> また、特殊という程でもないと思っていて、メール本文の内容で拒否をすると
> いうのは割と普通に行われていますよね。
> # 件名とか、添付ファイルが付いているとか、内容がspamっぽいとか
> これをユーザ毎に設定できるようにしようとした場合、同じ状況になります。

なるほど。ユーザ毎というのはしたことがないので、そういうケースも
あるんですね。

>> いずれにせよ、誰か一人でも拒否していて、拒否が大量に出てくると
>> 差出人ドメインそのものが拒否されて、docomo.ne.jp宛のメールが
>> 送信できなくなるという事態になるようです。
>
> 何か誤解があるような。
> 紹介されたページの元の話題である神戸大学の話ならば、
> 1. 特定のユーザがdocomo.ne.jpに転送している
> 2. 転送先で受信拒否している
> 3. メールの転送を行う度にdocomo側で拒否をする
> という状況で多量に拒否が起きた場合に、送信元をspam発信しているとみなして
> 拒否を行う事がある(らしい)というので近いとは思いますが、その場合は普通
> クライアントのIPアドレスを拒否するようになりそうです。

そうですね、その動きだと思います。
私の書き方がまずかったと思います。
特に事例のリンク紹介は、誤解を招く元でした。ただ岩本さんが
分かりやすく一つ一つにコメントされているので、結果的にでは
ありますが、いろいろ分かってよかったと思いました。


--
京都大学東南アジア研究所
木谷 公哉(KITANI Kimiya) kitani@xxxxx

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年5月29日 10:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85470
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。