2009年4月30日

[postfix-jp: 3461] local_recipient

井上です。

いろいろ資料を読みました。次の認識で正しいでしょうか。
1)
main.cfにおいてlocal_recipient_mapsが定義されていない場合は、postfixが受
け取ったメールのローカル受信者のチェックは行われない。その場合、エイリア
スの展開や.forwardの処理を経たあとで実際のローカル受信者が存在しないと判
明した時点で配送エラーメールを送り返す。逆に言えば、local_recipient_maps

を定義することによって、受信者が居ないことを早い時点で確定させることがで
きるため、配送処理が早めに切り上げられるようになることがこの変数の目的で
ある。
2)
MacOSXServerのデフォルトでは
mailbox_transport = lmtp:unix:/var/imap/socket/lmtp
のように定義されているが、この場合エイリアスの展開や,forwardの処理を経た
あとのローカル受信者宛のメールは、この定義に従ってlmtpがcyrus-imapのUNIX
ドメインソケットに送り込むため、mailbox_commandが定義されていても無効で
ある。
3)
よって、procmailにフィルタリングの処理をさせるには、エイリアスファイルま
たは.forwardから起動するか、
mailbox_transfer = /usr/bin/procmail
とする必要がある。

それからこれは疑問なのですが、起動したprocmailによって転送されるメールは
再びpostfixに(sendmailを通じて?)戻されるのでしょうが、転送されずに
ローカルに受信されるべきとなったメールはどう扱われるのでしょう。procmail
が直接mailboxやらmaildirやらに書き込むのでしょうか?それだとcyrus-imapを
通じないことになりそうで大丈夫かな?と思います。
--
https://www.ns.tcu.ac.jp/%7einoue/Signature/ 井上
.

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年4月30日 23:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/84704
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。