2009年4月 7日

[postfix-jp: 3421] Re:virtual配信でunknown userでバウンスする

加藤泰文です.

>>> On Mon, 6 Apr 2009 21:39:29 +0900
in message "[postfix-jp: 3416] Re: virtual配信でunknown userでバウンスする"
-san wrote:

> > これをやるにはいくつか方法はあると思いますけど,例えば
> > mydestination = ml.example.jp

> > とでもして,
> > test-ml@xxxxx test-ml@xxxxx
> > という書き換えを行えば,ml.examle.jp 宛のメールはローカルで処理されま
> > すから,aliases の中身が local(8) で処理されて,mailman の aliases に
> > 記述されているようにコマンドが処理されませんかね。

> mydestinationに該当すれば、local配信がされるという事ですね。

> これが上手くいけば、mydestinationを設定するので、バーチャルドメイン対応の
> SMTPとしての課題は残りますが、一つの光明が見いだせると思ったのですが、
> virtual_mailbox_domains
> と
> mydestination
> が競合するいう警告が出て、
> この場合、local(8)よりvirtual(8)が優先されるようで、virtual(8)された結果
> unknown userになりました。

virtual_mailbox_domains とは別のホスト名等を mydestination に設定しま
しょう,という例ですよ.例えば
myhostname = ml.example.jp
mydomain = example.jp
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
とかしておいて,virtual の対象ドメインとして example.jp をリストアップ
するわけです.

先のメールにあった設定だと @example.jp 宛のメールを virtual で処理した
いんですよね? なので,@example.jp のメールを受け取った後,ml に関しては
@ml.example.jp へ配信するようにしたら,mydestination に ml.example.jp
が登録されていれば,local が aliases を処理してくれますよね?

多分,やり方は色々あるような気がするので
http://www.kobitosan.net/postfix/trans-2.3/jhtml/VIRTUAL_README.html
とか mailman のドキュメントをもう少しお読みになるとよろしいかと思いま
す.

# 『バーチャルエイリアスドメイン名を mydestination ドメインには「絶対に」
# リストアップしないでください。』とかも記述あります.


--
==============================================
(((( 加藤泰文
○-○ karma @ jazz.email.ne.jp
==============================================
(Web Page) http://www.ne.jp/asahi/ka/to/
==============================================

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年4月 7日 12:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/84001
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。