2009年4月 6日

[postfix-jp: 3412] Re:大量の Connection refused による遅延について

野々村です。

marina.999.mina.10.ub@xxxxx さんは書きました:
> 2)外部のメール中継はToの「hogehoge.co.jp」が自社のドメインなの
>  で内部へ中継
内部のメールサーバが中継サーバではなくスプールであれば
この時点で外部サーバにuser unknownを返します。

> 3)内部のメールサーバは「user2@」が存在しないので、
>  unknown user で外部のメール中継に送信
> 4)外部のメール中継は内部メールサーバから拒否が届いたので、自分
>  のキューへ入れて滞留
なのでuser unknownなメールは外部メールサーバが作成します。

> 5)外部のメール中継は配送ルールにのっとり、「hogehoge.com」へ
>  メール送信
> To:user1@xxxxx
> From:user2@xxxxx
このケースれあればエラーメールが外部メールサーバが作成するので
送信者(MAIL FROM:)がメールサーバの管理者(postmaster@xxxxx)
になっているはずです。少なくともuser2は送信者にはならないはずです。

> Postcatの結果だと、最終行に次の行がありますが、これが一番最初
> に「hogehoge.co.jp」に届いた情報なら
>
>  From: "原政耕" <vkwqrvjfa@xxxxx>
>  Reply-To: "戚駁慎" <gkgwvlbycowjh@xxxxx>
>  To: gsnx@xxxxx
>
> メールの返信って、FromをToにするものだと思ってましたので、
> どこで「From: mjygozt@xxxxx」に変わったのか不明です。
これはヘッダの情報ではなくてSMTPのMAIL FROM:だったかと。

# hogehoge.comとかは実在のドメインなので
# この手の置き換えにはexample.comとかexample.netを
# 使いましょう。

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年4月 6日 17:51
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/83991
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。