2009年3月31日

[postfix-jp: 3390]大量のConnection refusedによる遅延について

皆さんこんにちは。渡辺と言います。

現在、Solaris10+Postfix2.3.15で稼動しています。

最近、以下のようなメッセージが多く出力されるようになりました。
to=<subhdailb@xxxxx>, relay=none, delay=281435,
delays=281435/0.5/0/0, dsn=4.4.1, status=deferred (delivery temporarily
suspended: connect to mailling.b0ne.com[89.57.31.171]:25: Connection

refused)

これらが、20行くらい秒ででてくると、
監視サーバはこのメールサーバに対してsmtp応答をしているので
すが、応答が帰ってこない旨のエラーを出してしまいます。
300秒前後の遅延行がトータルで数百行出力されています。
「droppatrol.de」「b0ne.com」ともにwhoisで存在しませんでし
た。
メールのTOとConnectしている先が違うのも良くわからないので
すが、From行が見当たらないので、どのような仕組みでこの状態
になっているのか判断つきません。

これは、メールサーバが踏み台になっているのでしょうか。

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年3月31日 02:11
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/83884
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。