2009年2月25日

[postfix-jp: 3354] Re:SASLの動作確認

Postfix の SMTP Auth は認証周りに SASL を利用して
います。
Postfix 側のセットアップの前に SASLの方を済ませておかな
ければなりません。

過去にも何度かあったSMTP Auth のトラブルシューティングでは
SMTP Auth こそがやりたいことで、
SASL は行きがかり上やらなければならなくなった

ついでの仕事と捉えられがちなように感じました。

ところが SASL はインフラなので、
ここがしっかりしていないと
どのアプリケーションで何をやっても埒があきません。
SASL の枠組みの理解と Cyrus SASL のセットップ
これらを直近の目標に据えて取り組むべきでしょう。
postfix や dovecot といったプリケーション側の設定は
その次のステップです。


(Cyrus) SASL の全体像をつかむには
Cyrus SASL に付属のドキュメントを読むのが良いでしょう。
そこの知識を元に他の文書を読み直せば、
設定の背後にある意味が理解できるようにもなるはずです。

どの認証メカニズムを有効にするか
パスワードチェックメソッドをどうするか
といったあたりの設計、設定を自分でしてから
トラブルシューティングの相談をすると、
具体的な議論がしやすくなると思います。

参考:
Cyrus Sasl2 の付属ドキュメント (オリジナルな URLが判らないので http://www.s
endmail.org/~ca/email/cyrus2/index.html)
http://cyrusimap.web.cmu.edu/twiki/bin/view/Cyrus/CyrusAuthentication#SASL

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年2月25日 14:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/82498
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。