2009年2月19日

[postfix-jp: 3328] Re:master.cf の記述の仕方について

こんにちは、後藤といいます。
返信ありがとうございます。

下記情報で設定したところ思っている動作で動きました。
ありがとうございます。

10025側でmaxprocを100としてありますが
これで優先的にcontent_filterに処理を渡せるという

ような意味なのでしょうか。また調べてみたいと思います。

外部のASPにウィルススキャンをしてもらい、このサーバの10025で
うけるような構成でした。IMSSを外部でやってもらうようなイメージです。

ありがとうございました。次の設定(SMTP_AUTH)に進めます。

よろしくお願い致します。

> content_filter を使って転送してしまうってのはどうでしょう。
> ウィルスチェック機能を使う場合に良く使う手ですね。
>
> [main.cf]
> mydestination = $mydomain
> content_filter = smtp:[xxx.xxx.xxx.xxx]:25
>
> [master.cf]
> 10025 inet n - n - 100 smtpd
> -o content_filter=
>
> とか。
> 試してないので、出来るかは不明ですが……
> # master.cfの10025には他にもオプションが必要かも。
> # 手元のIMSSサーバでは、
> # -o local_recipient_maps=
> # -o smtpd_client_restrictions=
> # も設定してあります。
>
>
> --
> 桜根 克至 (さくらね かつし)
> e-mail : sakurane @ jp.fujitsu.com
>
> _______________________________________________
> Postfix-jp-list mailing list
> Postfix-jp-list@xxxxx
> http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2009年2月19日 14:16
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/82372
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。