2008年11月 6日

[postfix-jp: 3207]ローカルから投函されたメールの処理について

菊地@千葉です。お世話になっております。

ローカルから投函されたメールの処理についてご存じの方が
おられましたら教えてください(長文すいません)

(A)やりたいこと

 内部メールサーバにおいて、外部から存在しない宛先に

 メールが送られた場合、user unknown となりエラーメールが
 返信されるが、送信元アドレスが不正なため、上位SMTPにて
 キューが溜まる。

 これをなんとかして、上位SMTPにキューが溜まらないように
 したい。

(B)検討したこと

 (1)宛先のないメールを破棄または転送
  luser_relay を用いて存在しない宛先を
  「捨てる」もしくは「専用のアドレスに転送する」
  >本当に送信元アドレスを間違えた場合があるので捨てたくない。
  >別のアカウントに転送した場合、確認が面倒くさい。

 (2)(戻り先の)宛先のチェックを行う
smtpd_recipient_restrictions = reject_unknown_recipient_domain
  として送信先のドメインのチェックを行う。
  >ローカルから投函されたメールは smtpd を経由しない。
(エラーメールは処理されない)

なにか良いアイディアはありますでしょうか・・・

(2)を実現させるために、もうひとつSMTPをあげるとか・・
  master.cfをいじくって、pickupの処理を smtpd にするとか・・
 (試したことありませんが・・・)


以上よろしくお願いします。

環境
# cat /etc/redhat-release
 Red Hat Enterprise Linux ES release 4 (Nahant Update 4)
# rpm -qa |grep postfix
 postfix-2.2.10-1.RHEL4.2

-------
Hiroki KIKUCHI
midisurf@xxxxx

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2008年11月 6日 14:03
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/78672
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。