2008年7月 3日

[postfix-jp: 3080]Command time limit exceededエラー時のreject_code変更について

高澤と申します。

メールを大量受信し配送を試みたとき、一部のメールにて
以下のような500番系エラー(Command time limit exceeded)が発生し、
メール配送が出来ず bounce 状態となってしまいます。

本エラーとなった時、500番で応答し bounce するのではなく、
400番で応答し deferred として再送させることは可能でしょうか?

※"Command time limit exceeded"エラー時の応答コードを変更する方法。


構成:postfix + dovecot(deliver)
-------------------------------------------------
Jul 1 19:14:13 example1 postfix/smtpd[4965]: 3458B75589:
client=xx.xx.xx.xx.xx[xxx.xxxx.xxx.xxx]
Jul 1 19:14:13 example1 postfix/cleanup[5807]: 3458B75589:
message-id=<XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX>
Jul 1 19:14:13 example1 postfix/qmgr[9886]: 3458B75589:
from=<from@xxxxx>, size=2199, nrcpt=1 (queue active)
Jul 1 19:33:07 example1 postfix/pipe[15003]: 3458B75589:
to=<to@xxxxx>, relay=dovecot, delay=1135,
delays=0.06/134/0/1000, dsn=5.3.0, status=bounced (Command time limit
                  ^^^^^^^^^^^^^^
exceeded:
"/usr/local/dovecot/libexec/dovecot/deliver")
Jul 1 19:33:07 example1 postfix/bounce[2136]: 3458B75589: sender
non-delivery
notification: ED13E75521
Jul 1 19:33:07 example1 postfix/qmgr[9886]: 3458B75589: removed
-------------------------------------------------

本エラーを発生させないために"command_time_limit"値をデフォルトの1000から
3600に引き上げて対応はしているのですが、更に配送に時間がかかってしまった
メールを防ぐことが出来ない状態です。

※そもそも配送遅延が発生していることが問題なのですが、
 そちらの問題については並行して調査検証を実施している最中となって
おります。


上記内容にて、ご教授いただければ幸いです。

_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list


投稿者 xml-rpc : 2008年7月 3日 18:08
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/74920
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。