2006年7月14日

[postfix-jp: 2159] Re: Postfix 2.0における単位時間辺りの送信数制限について

とみたです。

On Thu, 13 Jul 2006 20:35:39 +0900
TANAKA Daisuke wrote:

> 現在、postfix-2.0.16-14.RHEL3を使用しています。
> こちらで、単位時間辺りの転送量制限を掛けたいのですが、どのパラメータを指定すればよいでしょうか?
>

> 2.2系用ならば、以下の設定を見つけました。
> http://kobitosan.net/postfix/trans-2.2/jhtml/postconf.5.html#smtpd_client_message_rate_limit
> ただし、
> "警告: この機能は不正利用を制限するのが目的です。正当なメールの流量を制限するのに使ってはいけません。"
> と書いて有りましたので、2.2系だったとして、使って良いのか?という疑問が有ります。

smtpd_client_message_rate_limit は、SMTPサーバとしてクライアントから
受け付けるメールの流量を制限するものなので、行いたいこととは異なるかと。

> 背景なんですが、現在のサーバに移行する前のサーバ運用時、以前の担当者がメールを転送しすぎて、
> 転送先のメールサーバをダウンさせてしまい、それ以来、流量を制限する事、というルールが出来た為です。

> 要件としては、
> ・遅延させても良いから、単位時間辺りのメール送量を制限する事
> ・送られてきたメールをロストしない事
> ・Postfix 2.0系で使えるパラメータである事(OSの都合)
> です。

単位時間あたりの流量は難しいと思います。

ひとつの配送先に対する同時接続数を制限することはできます。デフォルトは
20 です。この値を変更したい場合は smtp_destination_concurrency_limit
を設定すれば良いです。

--
とみたまさひろ 『Postfix辞典』ISBN:4798110353
3469 42CC 4D32 F53C AD98 65A5 8C37 FF09 69C1 6040
_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list

投稿者 xml-rpc : 2006年7月14日 00:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/39526
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。