2006年7月12日

[postfix-jp: 2156] Re: sleep中にコネクションが切断されたことを検出したい

In message <20060711131925.6941.SATOH0@xxxxx>
on Tue, 11 Jul 2006 14:21:21 +0900,
SATOH Kiyoshi wrote:
>  遅延を掛けるため、通常ならすぐに処理の終わるセッションが残るため、スパ
> ムの可能性が99%近い動的IPからの接続のみに掛けても、普通にsmtpdが起動して
> いるプロセス数のだいたい倍くらいのプロセス数に増えてしまいます。
>  そのほとんどはsleepしているだけなのでCPU負荷は無いのですが、メモリは食っ
> てしまいます。

メモリ負荷よりも、カーネルのプロセス・テーブルやファイル・テーブルなど
のリソースを解放できないことの方が辛いところでしょう。

(だから、といって解決策があるわけではないのですが。)

--
神戸 隆博 / Takahiro Kambe
_______________________________________________
Postfix-jp-list mailing list
Postfix-jp-list@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/postfix-jp-list

投稿者 xml-rpc : 2006年7月12日 00:25
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/39392
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。