2011年1月11日

[plamo:30903] Re: plamo4.73 xfplamoconfig

あべ@宮崎です。

名倉さん、加藤泰文さん、ありがとうございます。

1)
xfplamoconfigするとxorg.confという設定ファイルができることを勉強しました。
実行した後に気がついたので、インストール直後に、そのファイルが存在していないことに気が付きませんでした。もっとXの設定ファイルを勉強しようと思います。

2)
xfplamoconfigしなくとも、xorg.confがなくとも、『自動認識とかで何かキーボードが誤認識されていて,一部のキーが入れ替わる』可能性があることも、なるほど、そういうものなんだと、勉強になります。

3)
Dellのノートパソコン「XPS M1330」(Wiondows Vista,
英語キーボード)上にVMware
PlayerでPlamo-4.73をインストールした状態がありました。こちらでも、同じ現象が再現しました。ただし、VMwareなので、「Ctrl+Alt+Space」の後に「Ctrl+Alt+F2」をしています。
ところが、xfplamoconfigを実行した後に試してみると、Guiからテキストモードへ移行できました。
こちらも事前に/etc/X11/xorg.confがなかったことを確認しませんでしたが、今はあります。
よって、英語キーボードのときに、今回のような現象が生じるのかなあ、と漠然と考えています。

とにかく、上記1)、2)で、問題がわかったような気持ちになりました。
ありがとうございます。

投稿者 xml-rpc : 2011年1月11日 20:00
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101236
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。