2010年11月30日

[plamo:30859] Re: Plamo関係の文書

くわむらです
#うちのHPプリンタもサポート対象外になってます
#(DeskJet970Cxi) いろいろ考えるとそろそろ限界

みなさん、ごぶさたしてます。

2010/11/30 KOJIMA Mitsuhiro <kojima@xxxxx>:
>

> こじま@HP のプリンタが壊れたが,5年前くらいの製品なのにすでにサポート対象外になっていた,,です.
>
> # 最近のプリンタは消耗品扱いなんだなぁ
>
> From: KATOH Yasufumi <karma@xxxxx>
> Subject: [plamo:30855] Re: Plamo関係の文書
> Date: Mon, 29 Nov 2010 18:25:54 +0900
>
>> > 一転、目をLinuxに転じますと、Plamoに限らず、Linuxのディストロはあまりこ
>> > の手の文書は整備されておらず、総じてドキュメント関連が弱いような気がし
>> > ますねぇ。
>>
>> ですね.Ubuntu は使いやすいかもしれませんが,一旦ハマるとどこで何をし
>> ているのかとか調べるの大変.
>>
>> CentOS とかだと RedHat のドキュメントがあるのでマシでしょうかね.

仕事では、そういうこともあり、結構お世話になりますね。
(RHELやCentOSを使うことが多くなりました)

> Linux の場合,カーネルを代表に,良くも悪くも変化速度が速すぎるので,ド
> キュメント類の整備が追いつかないのは共通の課題でしょうね.
>
> 過去に囚われずに新しいアイデアを積極的に取り入れていくのは,傍目で見て
> る分には面白いけど,数年前の常識が通用しなくなるのは結構ツラい..

かならずしもよいとは思えなくても、流れに従うほうが結果的に効率が
よくなること多いのは確かです。(個人的にはとても無駄をしてるよう
な気になってしまいます。)結局、最大公約数的なディストロを使ったりと。
しかし、RHEL5 にしても、日本語のオンラインマニュアルが現状のものより
古かったりすることが多々あります。昔から懸念されていたことですが、
ディストリビューションが増えることによって、もともと多くない日本語の
メンテナーが分散して、更新に追いつかなくなってるのではないでしょうか。

>> はっきり言って,以前のようにアクティブなメンテナも,アクティブなドキュ
>> メント係も減っている状態なので,まとまった文書を作る余裕がないという所
>> が正直な所かと思います.
>>
>> Wiki の FAQ など,その努力が見られる部分もあるので,まだそれなりに参考
>> になる文書はある状態とは思っていますが.
>
> まぁ,昔に比べるとインターネット上で得られる情報が豊富にあるので,とり
> あえずググれば何とかなる,ってところに甘えている感もありますね.
>
> ノウハウ的な情報なら Wiki の FAQ のページでも集められるけど,それを体系
> 化するのはかなり大変だろうなぁ..

最近は、問題にあったとき、ほとんどインターネット上での検索に頼って
ます。昔にくらべて良質の文書に当たる精度は落ちてしまいましたが、根気
よくさがすと解決方法がほぼ見つかります。
そんなわけで、探せばなんとかなるだろうくらいに思ってしまい、最近は
ろくに文書を書かなくなってしまいました。いろいろ気ばかり焦っていて、
気が回らなくなっています。

今回、川俣さんのご指摘であらためて考えさせられたのですが、ディストリ
ビューションを作るということは、OSをつくるということなのですね。
そういう意味では、体系化するということで、しっかりしたガイドラインが
利用者を安心させるということにつながり、それを具現できるのが文書であっ
て、結果としてOSの値打ちを高めるなあと(あくまでも製品としてみた場合
ですが)。
Plamoの場合、ホビーとしてとらえていたのでそういう要求はあまり感じな
かたのですが、それでも、分散している文書がたくさんあるのは確かで、
うまくまとまるといいですね。

現在、Plamoの文書グループで使いはじめてDrupalというCMSを使うと、記事
を階層的に組みあわせてブック化できるので、徐々にそいうことも可能に
なるかもしれません。OSSコミュニティ活動的には、それもひとつの面白い
テーマかなと思ったりもします。


#今年は、プリンタの他に、マシンもモニターもリプレースしなくては。。。

--
Jun Kuwamura
rC Cn
^
~

投稿者 xml-rpc : 2010年11月30日 14:12
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100419
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。