2010年11月12日

[plamo:30825] Re: シェルの画面設定について


From: "teshigawara" <teshi@xxxxx>
Subject: [plamo:30824] Re: シェルの画面設定について
Date: Thu, 11 Nov 2010 23:45:03 +0900

> dmesgでカーネルブートのパラメータ見られたのですね!
> てっきりカーネルが立ち上がった後のイベントのみと思い込んでました
> 勉強になりました


ブートパラメータだけなら /proc/cmdline に情報が入っているので,cat すればいいはず

% cat /proc/cmdline
root=/dev/sdb1 ro

# 今は64ビットカーネルで遊んでいるので,unicon は切っている

dmesg はリングバッファと呼ばれる一定の領域にメッセージを記録しているので,
新しいメッセージが増えてくると,古いメッセージから消去されていくので,
起動時のコマンドラインはしばらくしたら見えなくなるはず.

> >Plamoの標準がgrubになってからlilo使わなくなったのでうろおぼえですが
>
> grubが標準だったのですか!?
> なんかMURASAKI やPCMCIA-CS の事も含め かなり以前のリリースノート
> から見返さないと駄目みたいです orz

grub だと起動するカーネルの切り替えも設定ファイルの修正のみで済んで,
lilo のように MBR を書き直さなくてもいいので,しばらく前から grub の方を推奨しているけど,
lilo のシンプルさが有利な環境もあったりするので,両方ともインストールしています.

# 手もとではWDの2TBなHDD(EADSな4KB/セクタのやつ)でパフォーマンスが出ないんで,
# fdisk でアラインメントを調整して切り直したら grub ではブート不可になっちゃった

--------
こじま

投稿者 xml-rpc : 2010年11月12日 09:59
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100014
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。