2010年11月11日

[plamo:30824] Re: シェルの画面設定について


勅使川原です

>たしかカーネルの再コンパイルが必要だったような?

>書き換えた後に /sbin/lilo を実行,で良かったはずですね.

以前上げた様

変更> SETUP > liloの設定 >経験者向け >
  既存のlilo.confを使ってLILOの再インストール
とやっています

まだまだ初心者なのでrootでは打ち間違いを防げる
バッチは心強いです
真っ暗な画面は怖い〜


>カーネルの起動オプションが確認できるようになっています。
>たいへん便利だと思っています。

dmesgでカーネルブートのパラメータ見られたのですね!
てっきりカーネルが立ち上がった後のイベントのみと思い込んでました
勉強になりました

問題機にて rootログイン後 #dmesg > bootlog で vi bootlogしてみたら
Kernel command line: root=/dev/sda1 ro vt.default_utf8=0 vga16 unicon
    =eucjp resume=/dev/sda3 vga=773
となっていました
今となっては LILOの時dmesg取っとくのだったと・・・


>Plamoの標準がgrubになってからlilo使わなくなったのでうろおぼえですが

grubが標準だったのですか!?
なんかMURASAKI やPCMCIA-CS の事も含め かなり以前のリリースノート
から見返さないと駄目みたいです orz


投稿者 xml-rpc : 2010年11月11日 23:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100013
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。