2010年8月13日

[plamo:30728] Re: Plamo-4.73b1インストール報告

追加の報告 No.2です。

ソースのコンパイルをしてみました。3っ程Buildしましたが、どれも快適に完了です。

テストにはエラーの出たlm_sensorsとheimdalそれにkernel-2.6.34.3を選びました。
1。lm_sensors-2.10.8.tar.gz
下記エラーの原因は追求してないんですが、ちょっと新しめのを選び
  PlamoBuild.lm_sensors-2.10.6を2.10.8に対応させただけ。

  Buildは順調に進み、インスト後正常に動作しています。
> Lm_sensors sensorsを実行するとエラーになります
>  Can't access procfs/sysfs file
>  Kernel interface access error
>  For 2.6 kernels, make sure you have mounted sysfs and libsensors
>  was compiled with sysfs support!

2。heimdal-1.3.3.tar.gz
起動時に下記エラーの出たもの
  PlamoBuild.heimdal-1.2.sh 1.3.3に対応させ、prefix=/usr manやinfoも
  /usr/share以下に変更。実用する自信はないので、最新バージョンでテスト。
 libkrb5.so.26が出来、エラーは止まりました。
(postgresSQLは他のエラーで動作してません、使う当てがないので放置)

  psql: /usr/lib/libkrb5.so.26: version HEIMDAL_KRB5_2.0' not found (required by
  /opt/pgsql/lib/libpq.so.5)

3。linux-2.6.34.3
  最後に自分にとっては大物、plamoのconfigを読み込ませ、何も手を入れずに
  メニューコンフィグ終了でmakeしただけ。シングルコアー2Ghで一時間ちょうど!
  これも実用する自信がないのでちょっとだけ動かしただけですがとりあえず動きます。
  普段自分のマザーに必要な最低限しか組み込まないので、誰でも使えるカーネルを
  作るのは大変な事だと知らされました。
  
linux-2.6.34.tar.bz2
patch-2.6.34.3
vd_unicon-kernel-20100518-2.6.34.patch
vd_unicon-kernel-fonts-20040205.patch.bz2
config-2.6.32.16-plamoSMP

最後になってしまいましたが富岡さんRESありがとうございます。
いつの日かPlamoがUTF8になり、Ktermも消えるのかと思っていたもので最初の
起動でドッキリしただけです。ご心配お掛けしました。
--
UetakeSadao <uetake-s813@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2010年8月13日 12:08
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97624
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。