2010年8月 6日

[plamo:30716] Re: Plamo 4.72 ブート途中で停止

cho@なぜか自分ではなかなかKMSがらみの致命的なトラブルに遭遇しないです。


・intelのVGAチップのマシンで
plamo-4.72のdefault kernel (2.6.32.9-plamoSMP)の様に
CONFIG_DRM_I915_KMS=y
のkernelを使う時に、vga16 とか video=xxxx とかのオプションを
併用しない方が良いみたいです。

(機種は失念しましたがblackoutするパターンを経験したことがあります)


・以前、 kernel-2.6.34 で CONFIG_DRM_I915_KMS=y を試した時、
機種は違いますが、
Toshiba_Satellite_J11 82852/855GM
Toshiba_Satellite_J32 82852/855GM
では大丈夫だったので、最近のkernelなら
CONFIG_DRM_I915_KMS=y
でも(あるいは後からKMS有効でmoduleをロードしても)
大丈夫かもしれません。


・既に試された、
> kernel-2.6.34.1_plamoSMP-i586-P1.tgz
> kernal-2.6.32.16_plamoSMP-i386-P1.tgz
は、いずれも
CONFIG_DRM_I915_KMS is not set
なので、consoleは(vga16とかvesaで)loginまで行ける
と思いますが、
module(i915)をKMS有効でロードせずに、
(xorg.conf なし=自動検知 とか Driver intel 指定とかで)
Xを起動すると

> (EE) intel(0): No kernel modesetting driver detected.
> (EE) Screen(s) found, but none have a usable configuration.
になるのではないかと思いますがこの辺はどうでしょうか。
xorg.conf ありで Driver vesa とかなら上記のエラーは出ないと思うのですが。

>(EE) Failed to load module "freetype" (module does not exist, 0)
>(EE) Failed to load module "type1" (module does not exist, 0)
>(EE) Failed to load module "record" (module does not exist, 0)
>(EE) Failed to load module "xtrap" (module does not exist, 0)
の部分はとりあえず今回は気にしなくても良いと思います。


投稿者 xml-rpc : 2010年8月 6日 01:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97483
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。