2010年5月17日

[plamo:30624] Re: linux-2.6.34-rc5でunicon(linux-2.6.34)

名倉@自己レス です。

   linux-2.6.34が出たので同様にやってみました
   コンソールで日本語表示しました。
   
>   linux-2.6.34 もうrc5になっているのでぐずぐす言うより
>   やってみりゃよい。 ということで
>

>   ATOM330ベースなjetway ATOM-GM1-330マザー上で
>   linux-2.6.34-rc5をコンパイル後再起動し
>   adduserのさわりをやってみてコンソールに日本語表示を確認しました。
>
>   vd_unicon-kernel-fonts-20040205.patchと
>   vd_unicon-kernel-20091021-2.6.31.patchをあてましたが
>   vd_unicon-kernel-20091021-2.6.31.patchをあてたとき
>
>    Hunk #18 succeeded at 1963 (offset 9 lines).
>    Hunk #19 FAILED at 2232.
>    Hunk #20 succeeded at 2253 (offset 7 lines).
>    Hunk #21 succeeded at 2442 (offset 1 line).
>    Hunk #22 succeeded at 2553 (offset 1 line).
>    Hunk #23 succeeded at 2718 (offset 34 lines).
>    Hunk #24 succeeded at 3095 (offset 34 lines).
>    Hunk #25 succeeded at 4275 (offset 35 lines).
>    Hunk #26 succeeded at 4301 (offset 35 lines).
>    1 out of 26 hunks FAILED -- saving rejects to file drivers/char/vt.c.rej
>    patching file drivers/video/Kconfig
>    Hunk #1 succeeded at 242 (offset 5 lines).
>    patching file drivers/video/Makefile
>
>    な感じでしたがかまわずコンパイルを開始したところ下記エラーで止まりました。
>
>   CC drivers/char/consolemap_deftbl.o
>   CC drivers/char/vt.o
> drivers/char/vt.c: In function 'do_con_write':
> drivers/char/vt.c:2259: error: 'doublebyte_default' undeclared (first use in this function)
> drivers/char/vt.c:2259: error: (Each undeclared identifier is reported only once
> drivers/char/vt.c:2259: error: for each function it appears in.)
> make[2]: *** [drivers/char/vt.o] エラー 1
> make[1]: *** [drivers/char] エラー 2
> make: *** [drivers] エラー 2
>
>    root@xxxxx:/usr/src/linux# cat drivers/char/vt.c.rej
>   --- drivers/char/vt.c 2009-09-10 07:13:59.000000000 +0900
> +++ drivers/char/vt.c 2009-10-21 00:31:33.000000000 +0900
> @@ -2232,6 +2352,12 @@
> u16 himask, charmask;
> const unsigned char *orig_buf = NULL;
> int orig_count;
> +#ifdef CONFIG_UNICON
> + /* added by Arthur Ma, for multiple font support */
> + struct double_byte * doublebyte_default = NULL;
> +#define GB_LEFT 0x8000
> +#define GB_RIGHT 0xc000
> +#endif
>
> if (in_interrupt())
>
> 量も少ないので手パッチごlinux-2.6.33ベースのポイントの
>    includeコメント化後コンパイルを無事終了したので再起動表示確認しましたが
>    手元ではこれがlinux-2.6.34で新規に引っかかった唯一のポイントのようです。
>    もう一箇所パッチでFATALなポイントがありますがいまのところチエックしていません。
>
>    Plamo-4.71ベースでgcc glibc bash等手を入れた環境でやりました。
gcc-4.4.3,glibc-2.11.1,bash-4.1.5です。

投稿者 xml-rpc : 2010年5月17日 10:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/95835
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。