2010年5月 8日

[plamo:30616] sysvinitのrc.inet2

choです。

直近だと
sysvinit-2.86-i586-P32.tgz
sysvinit-2.86-i586-P33.tgz
sysvinit-2.88.dsf-i586-P1.tgz
等の
/etc/rc.d/rc.inet2

中の

# Start the various services.
for spec in $SERV ; do
server=${spec%%:*}
service=${server##*/}
if [ -x $server ] ; then
echo "Starting ${service##*.}..."
${spec//:/ }
fi
done

という部分ですが、

if [ -x /usr/sbin/$server ] ; then

の様にするか、
sysvinit-2.86-i586-P31.tgz
の頃みたいにしないとダメみたいです。

Plamo 4.72 機の
RPC_SERV="$RPC_SERV rpc.mountd rpc.nfsd rpc.statd"
達が動いていなかったのに今頃気がつきました。。。


投稿者 xml-rpc : 2010年5月 8日 21:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/95638
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。