2010年4月 2日

[plamo:30553] Re: USBメモリとNTFSのマウント (was Re: 別件)

河村です。
お世話になります。

> デスクトップ環境は何ですか? USB メモリを検出した時,何かするみたいな設
> 定が各デスクトップ環境にあると思います.
デスクトップ環境は"XFCE"です。
なぜ、これかというと、一般ユーザーのままでshutdownできるメニューがあるからです。


X環境にした状態でusbメモリーを挿すと
自動的にデスクトップ上にそのusbメモリーのアイコンが現れます。
メルコのだと"503Mリムーバルボリューム"という名前で
キングストンのだと"KINGSTON"という名前です。
ディレクリーだとそれぞれ/mediaの中の
KINGSTON/ disk/という名前で現れます。
それぞれのアイコンを右クリックするとMS-windowsのようにメニューがあらわれ
"開く、マウント解除、プロパティ、アプリケーション"
が選択できます。
"マウント解除"すると当然、ディレクトリーも消えます。
しかし、デスクトップ上のアイコンは消えず、右クリックのメニューの中に
"開く、マウント"などが有りまた、簡単にマウントできます。
"マウント"がどのようなコマンドなのかはわかりません。

>> /etc/PolicyKit.conf
>> というファイルは無いようです。
>
> /etc/PolicyKit/PolicyKit.conf です.(_o_)
ありました。
内容を見ても何の事やら分かりません。

>linux カーネルのソースの fs/ntfs/Kconfig を見ると (カーネル再構築時の
>ヘルプですね),
>| The only supported operation is overwriting existing files, without
>| changing the file length. No file or directory creation, deletion or
>| renaming is possible. Note only non-resident files can be written to
>| so you may find that some very small files (<500 bytes or so) cannot
>| be written to.
>という説明が.
「唯一サポートしている操作は存在するファイルの上書きである。
ファイルの長さを変えないで。無いファイルかディレクトリーの作成、
消去かリネームが可能である。」というような意味ですか?
英語苦手です。この後からよく分かりません。


投稿者 xml-rpc : 2010年4月 2日 19:41
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/94775
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。