2010年3月31日

[plamo:30541] Re: Plamo Linux 4.72 on Let's Note CF R3 が起動時に固まる

本多です

まずは、3D周りのspeedは無視して、2D accelの効く状態でXが使えるように
なる事を目指しましょう。

1) Kernelは KMSが起動時有効にならないものを用意してください。

つまりCONFIG_DRM_I915_KMSはoff

CONFIG_DRM_I915はon
また、/etc/modprobe.conf等にoptions i915 modeset=1等がない事を確認

#どこかにこのkernelがあるはずですよね。intel周りは前回これ関連で投稿した
ことに懲りていて"もういいや"と最近のplamoの流れをfollowしていません。。。


2) ftp/pub/Plamo-4.7/plamo/02_x11/X11R74.tgz/old
にある、xf86_video_intel-2.9.1-i586-P1.tgzを
2.10.0をremoveしてinstallする。

downgradeが気になるかもしれませんが、通常使用では全く問題ありません。
2.10.0ではKMSが有効でないとXが走りませんが、2.9.1ではuser mode setting
が使えます
(つまり2.10.0ではこれが削除された<=ダメダメintelぶりが発揮されています)

以上で、user mode settingを使ってintel Xが動くはずです。

投稿者 xml-rpc : 2010年3月31日 12:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/94725
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。