2010年3月28日

[plamo:30529] Plamo-4.72でのWILLCOM AX420Sの認識等について

堀田 貞通です。
 
[plamo:30524]の最後にも書いたのですが、Plamo-4.72においてWILLCOMの
AX420SというCFカードタイプのデータ通信カードが使えず苦慮しています。

ThinkPad iSeries s30 + Plamo-4.22beta1では使えています。
今回と同じく工人舎SH6KX08A + Plamo-4.6でも使えていました。
どうやって使えるようにしたかまでは覚えていません(後述)。


# udevadm info -a -p /sys/class/tty/ttyS1/

では、このカードを認識しttyS1に当てはめているようですが、dmesgでは
pcmcia 0.0: pcmcia: registering new device pcmcia0.0
が最後で、この後に出るはずのttyS1などが出てきません。

udevのruleを書き換えたり色々してみましたが効果なく、MLを検索すると
[plamo:28258]にて荒木田さんが質問されているのと現象が同じと判りました。
[plamo:28258]の場合、[plamo:28260]および[plamo:28261]にて
pcmciautils-014をインストールすることにより解決しているようですが、
Plamo-4.72で既にpcmciautils-015が入っているにもかかわらず使えないため、
どこか別に注意点が無いかご存知の方が居られましたらお願いします。

今時PCカードそれもCFと思われるでしょうが、このカードはLInux Zaurusや上
記 ThinkPad is30と共用しており、そのためThinPad is30の後釜にCFスロット
のあるSH6KX08Aを選んだもので、もうしばらくはこのまま使いつづけるつも
りです。
おそらくThinkPad is30 + Plamo-4.22(beta1)の時はpcmciautils-014を入れて
解決したのではと思うのですが記憶がはっきりせず、SH6KX08A + Plamo-4.6の
時どのように解決したかメモしたものは、Plamo-4.72を入れたときにバック
アップ取らずに上書きしてしまいました。

多分なにか見落としているんだと思うんだけど。

-----
堀田 貞通<hotta-s@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2010年3月28日 16:12
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/94651
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。