2010年2月14日

[plamo:30443] Re: P-Plamo-100208( 追記)

cho@P-Plamo焼いて見ましたです。

>> P-Plamo(Plamo-4.7x)のkernelが
>> CONFIG_DRM_I915_KMS is not set
>> だからですかね。
>
> Plamo kernelは
> CONFIG_DRM_I915=m

> になっているはずですから、これで十分です(== KMS有効可能)。

P-PlamoでXが起動できない件では、KMSが有効になってなかったことが
原因なのかなと思われましたので。

#Xでintelを使わなければどちらでもよいのかな。

> CONFIG_DRM_I915_KMSはdefaultで強制的に
> intelfbに切り変えてしまうoptionですね。 KMS本来の仕事とは関係ありません。
> Intelfbに切り替えるには/etc/modprob.confに追加、若しくは、
> boot command lineで指示出来ます。

自前の時は、
config DRM_I915_KMS
bool "Enable modesetting on intel by default"
depends on DRM_I915
help
Choose this option if you want kernel modesetting enabled by
default,
and you have a new enough userspace to support this.

って書いてあったので=yにしちゃいました。


> # 強制切り替えされるとinstall時にuniconでなくなり日本語不可状態。

intelfbでもconsoleでは日本語表示(UNICON)できてるので、P-Plamoでも
default有効でも良いのかなと思いました。

installerってだめなのでしたっけ。
(だめなら nomodeset で無効するというのも)

投稿者 xml-rpc : 2010年2月14日 10:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/93300
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。