2010年2月14日

[plamo:30441] Re: P-Plamo-100208(追記)


こじま@カーネルはビルドしてみたがまだ試してはいない,,です.

From: Naofumi Honda <honda@xxxxx>
Subject: [plamo:30440] Re: P-Plamo-100208( 追記)
Date: Sun, 14 Feb 2010 00:22:58 +0900

> Plamo kernelは

> CONFIG_DRM_I915=m
> になっているはずですから、これで十分です(== KMS有効可能)。
> CONFIG_DRM_I915_KMSはdefaultで強制的に
> intelfbに切り変えてしまうoptionですね。 KMS本来の仕事とは関係ありません。

手元のノートPC(IBM TP X60s)だと,P-Plamo で立ちあげて,

# modprobe i915 setmode=1 fbpercrtc=1

とやってやると,intelfb に切り替わって,かつ unicon の日本語表示も可能
で,X も intel なドライバが使わるようなので,デフォルトで
setmode=1 にしてくれそうな CONFIG_DRM_I915_KMS をオンにしてみようかと思っ
ていたのですが,

> # 強制切り替えされるとinstall時にuniconでなくなり日本語不可状態。

こうなっちゃいます?

ソースコードを grep してみると,2.6.32.7 だとパラメータとして
fbpercrtc は残っているものの,2.6.31 にあった処理が見当らなくなってい
るので,2.6.31 と 2.6.32 では動作が違っている気もしますが..

# ちと本腰を入れて調べないとダメかなぁ

--------
こじま

投稿者 xml-rpc : 2010年2月14日 01:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/93287
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。