2010年2月13日

[plamo:30437] Re: P-Plamo-100208(追記)

cho@P-Plamo-100208_dvd.iso焼こうと思ったらディスクが無かったです。


>   手元のカーネルは intelfb等全て作成するのがデフォルトなので
>   KMS 問題って知らずにむじゃきにパスしていたのかな?こんなの始めてです。

P-Plamo(Plamo-4.7x)のkernelが
CONFIG_DRM_I915_KMS is not set

だからですかね。

ウチも
CONFIG_DRM_I915=m
CONFIG_DRM_I915_KMS=y
なので普通に使えていて今まで気がつきませんでした。


>   ただ起動オプションにvga= (本機ではVGA=788を指定しています)を指定しないと
>   kernel panicで起動しません。(linux-2.6.32.xから顕著な感じ?)
> vine-5.0あたりも起動オブションにVGA=が付いていました。

自前のkernelだとVGA=なしでも得に問題なく動作しますがなにが違うんでしょうね。
#VGA=なしでもintelfbに切り替わるとvga=0x305相当の解像度に勝手になるので
#関心していました。(2.6.32.x+UNICONパッチも)
#Xも普通にintelドライバで動きます。

>  
>   P-Plamo-100208でもrebootやってみるとkernel panicで止まってしまいます。
> (別件かと思っていたがつながっているようだ?)

ディスク買ってこなくちゃ。。。。

投稿者 xml-rpc : 2010年2月13日 12:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/93274
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。