2010年2月 9日

[plamo:30425] P-Plamo new version


こじま@今日はずいぶん暖かかった,です.

Wiki等にはすでに紹介されていますが,昨年の春ごろから更新が止まっていた
P-Plamo を現在開発中の Plamo-4.72 ベースに更新したバージョンを公開しま
したので,興味ある方はお試しください.

# 手元にはかなり古めのハードウェアしかないので,最新の機種(特に notePC

# 系)だとどうなるかも興味あります :-)

plamo.linet.gr.jp のテスト用ディレクトリに上げていますが,すでに
kddlabs の方にもミラーされていますので,

ftp://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/distributions/plamolinux/Plamo-test/for-4.7x/P-Plamo-100208_dvd.iso

からダウンロードする方が速いでしょう.

# 約 1.7G ほどあります

root のパスワードは password,デモユーザのアカウント/パスワードは
demo/demo にしています.demo ユーザは startx で KDE な環境が起動するよ
うにしていますが,Xfce/Afterstep/Qvwm あたりも利用可能です.

# Gnome は入れていません.

最近の X は xorg.conf が無くてもそれなりに動くようですが,解像度等を調
整したい場合は xfplamoconfig を実行して xorg.conf を生成してから
startx/xinit を実行してください.

なお,ファイル名に日付が付いていることからも推察いただけると思いますが,
P-Plamo は Plamo-4.72 と共に現在も開発進行中で,結構ひんぱんに更新する
予定なので,安定版が必要な方はもうしばらくお待ちくださいませ.

○ P-Plamo for beginners

P-Plamo とは,上記 iso ファイルを DVD に書き出し,その DVD から起動すれ
ば,HDD にインストールしなくても Plamo Linux が使えるようになる,という
いわゆる Plamo 版の liveDVD です.

基本的に Plamo Linux をインストールした環境をそのまま使っていて,DVD 用
のチューニング等はしていないので,起動や各コマンドの最初の実行時には多
少時間がかかりますが,一度動かせばキャッシュが効くので,それなりに使え
るようになるのではないかと.

# OpenOffice.org とかも入っています

ただし,P-Plamo では作業用領域として ramdisk を利用しますので,メモリが
多いほど快適になります.起動するだけなら 1GB 以下でも大丈夫だと思いますが,
KDE 環境とかを使うには最低でも1GB,できれば 2GB くらいはメモリが欲しいところ.

---------
こじま

投稿者 xml-rpc : 2010年2月 9日 22:24
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/93191
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。