2009年11月20日

[plamo:30280] Re: Network on NotePC (was Re: wpa_supplicant)

名倉 です。

> 梅田です
>
> On Thu, 19 Nov 2009 13:51:31 +0900
> 名倉昭一 <nagura-s@**************> wrote:
>
中略

> > インストール失敗したデイストリビューションも有るようですが
> >   Plamoのインストーラーのfdiskであらかじめパーティションを作成後
> >   インストールしてみるとまた違った結果になるのではと思っています。
> >   (梅田さんのルールからすれば反則かもしれませんが???)
>
> いえいえ、アドヴァイスを頂いている、立場ですから。Plamoのインストーラー
> のfdiskは使ったことが有りませんが、KNOOPIXのfdiskを愛用しています。

 KNOOPIX???? KNOPPIX6.0.1CD日本語版なら焼いてあったので始めて起動してみました。
        最初KNOPPIX出たときはとびついたけど ううーんちよっとカーネルが古い感じ
        インストーラーのカーネルがあたらしくないととたんにインストールに困難が
        生じる可能性が高いのでまずチエックしています。

        KNOPPIX_V6.2CD-2009-11-18-EN.isoを焼いてみましたメモリー1GBのマシンで
        起動できたので,384MBのマシンやってみたら#が出た後エラーが出て起動しない。

 Plamoのインストーラーならメモリー96MB,SCSI CD-ROMのマシンでも
 grubの設定ミスを直したことがあります。
 Plamo-4.7のインストールはメモリー128MBないと不可ですが。

> 以
> 前は、細かくパーテーションを切っていましたが、今回は、sda:WindowsXP以
> 外は、基本領域を半分に切って、全て”/”パーテーションにしています。swap
> は2台のHDDに1つずつ設け、インストールではパーテーションを削除せず、イ
> ンストール作業をしました。
> また、WindowsXP,CentOS,Vine,Plamo,Debianの順にインストール。
> 当方の環境ではインストール順を間違えると、動作しないディストリが
> 出るという結果が出ています・・・この時は、MBMを使っていませんが。
>
> ※試したものの、全く起動出来なかったOS
>
> 何処へ入れても、起動しなかったOSは以下の通りです。
>
> Ubuntu8.04LTS
 Ubuntu9.10だったら???
> Fedora11
インストーラーおまかせだとuuid.....とか出てきて.....だけど
 あらかじめfdiskをしておいてそこにインストールさせると/dev/sdxx等設定で立ち上げれるので。
 手元ではPlamo-4.7ベースAPテストの相手してくれているけれど。
 rpmのメンバー見るとかなり古い互換ライブラリー(Plamo-3.x位のバイナリーも動くかも?)
もしっかり入っていて好感持っています。

>
> ※MBMを削除したら起動できるようになったOS
>
> CentOS←逆に言えば、”MBMを削除し””先に書いた順にインストール
>     する事で起動するように”なったOS。順番を変えると起動し
>     ない。
>
> です。MBMを使っている限り、そのような事は無いはずと、当方にMBM
> を紹介くださった、Vineユーザーの方が仰っていましたが。

手元ではPlamoのgrubとsyslinuxで十分なので最近はみていないですね。

>
> --
> T.E.Lawrence <lawrence999vz@xxxxx>
>

投稿者 xml-rpc : 2009年11月20日 16:04
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/90652
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。