2009年10月17日

[plamo:30183] VirtualBoxのコンパイル。

名倉@xorg_server-1.6.4-i586-P3.tgzでPlamoインストール直後から
    xfplamoconfigやらなくてもとりあえずXが起動するようなになったなんか嬉しい です。

  VirtualBox-3.0.8_OSEをPlamo-4.7-2009/10/09ベースのマシンで
  コンパイル,起動することができました。

  Plamo-4.7(Plamo-4.5,4,6も同様と思います)固有の作業は
configure,Config.kmkにある/usr/X11R6/libを/usr/X11R7/libに

  書き直すだけのようです。

  root@xxxxx:/u8/VirtualBox-3.0.8_OSE# ls /
  bash-3.2.50-i586-P1.tgz lxml-2.2.2-i586-P1.tgz
  bin/ media/
  binutils-2.19.1-i586-P1.tgz mnt/
  boot/ perl_XML_Parser-2.36-i586-P1.tgz
  cdrom/ proc/
  dev/ proftpd-1.3.2rc3-i386-P1.tgz
  dev86-0.16.17_10-i386-P1.tgz pstoedit-3.45-i586-P2.tgz
  dhcp-3.1.3-i586-P1.tgz qt-4.5.2-i586-P2.tgz
  etc/ readline5-5.2.14-i386-P1.tgz
  gcc-4.4.2-i586-P1.tgz root/
  gcc_fortran-4.4.2-i586-P1.tgz sbin/
  gcc_g++-4.4.2-i586-P1.tgz seamonkey-1.1.18-i586-P2.tgz
  gcc_java-4.4.2-i586-P1.tgz sys/
  gcc_objc-4.4.2-i586-P1.tgz sysklogd-1.5-i586-P1.tgz
  git-1.6.4.4-i586-P1.tgz syslinux-3.82-i586-P1.tgz
  gperf-3.0.4-i386-P1.tgz tar-1.21-i386-P1.tgz
  gzip-1.3.13-i586-P1.tgz tmp/
  home/ u5/
  lib/ u6/
  libIDL-0.6.8-i386-P2.tgz u7/
  libIDL-0.8.13-i586-P1.tgz u8/
  libcap-2.17-i586-P1.tgz usr/
  libgcc-4.4.2-i586-P1.tgz var/
  libxml2-2.7.6-i586-P1.tgz xorg_server-1.6.4-i586-P3.tgz
  libxslt-1.1.26-i586-P1.tgz xz-4.999.9beta-i586-P1.tgz
  lost+found/

acpica-unix-20090903.tar.gz

  Plamo-4.7-2009/10/09上記のようにテスト要素満載(すでに脱線気味?)な環境です。

  http://virtualbox.wordpress.com/images/opensolaris/
  上記にあるopensolarisのイメージopensolaris-2009.06-x86.7zを
  もらってきて起動を確認しました。

  マシンは
   AMD Athlon(tm) 64 X2 Dual Core Processor 3800+
   SiS 760GX + SiS966L な Shuttle ss21t。
   VirtualBoxのメニューにAMD-Vと表示されたのでにっこり。
  

投稿者 xml-rpc : 2009年10月17日 21:47
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89514
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。