2009年10月12日

[plamo:30172] QEMUのコンパイル。

名倉 です。

  Plamo-4.7のツリーにxorg-1.6.xまわりが入ったので
  Plamo-4.6が入っていたSiS 741GX-Mなマシンを
  Plamo-4.7-2009/10/09に入れなおしました。

  なにかテストのねたと思いましたが。
  ひさしぶりにQEMU(git 2009/10/09)をコンパイルしてみました。

  -X11 が無いと怒られたので。

  http://plamo.linet.gr.jp/index.php?FAQ%2F65
  このあたりを参考に
  # CFLAGS=-L/usr/X11R7/lib ./configure
  上層のディレクトリーには効いているみたいたけどまだだめ。X11R6 の決め打ち?
  # fgrep -n "X11" *
をやったらconfigureになにやらあったので下記のようにライブラリー指定を追加しました。

  int main(void) { return 0; }
  EOF
  if compile_prog "$sdl_cflags" "$sdl_libs" ; then
  sdl_libs="$sdl_libs -L/usr/X11R7/lib -lX11" <--このように-L/usr/X11R7/libを追加
  fi
  if test "$mingw32" = "yes" ; then
    sdl_libs="`echo $sdl_libs | sed s/-mwindows//g` -mconsole"
  fi
  libs_softmmu="$sdl_libs $libs_softmmu"
  fi

ビンゴだったみたい。
  起動させてみたらPlamo-4.2が立ち上がってきました。
  でもなにかとろいなと思っていたら裏でリモートからVirtualBox-3.0.8_OSEを
  コンパイルしているのを忘れていた。ううーうーん。

投稿者 xml-rpc : 2009年10月12日 15:16
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89360
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。