2009年10月 1日

[plamo:30151] Re: glibc-2.10.1 とgetline 等 ( Re: 4.7b4 )


冨岡です@ここに繋げるのも気が引けますが ^^;

From: Mikio Tomioka <mt03605z@xxxxx>
Subject: [plamo:30148] Re: 4.7b4
Date: Tue, 29 Sep 2009 17:18:28 +0900 (JST)

> From: Naofumi Honda <honda@xxxxx>

> Subject: [plamo:30147] Re: 4.7b4
> Date: Tue, 29 Sep 2009 13:46:12 +0900
>
> > ----某所の書き込みに関する回答-----------
> > 今回のplamo 4.7ではlibcのversionが上っていますよね。
> > この為に、getline()等でcompileがコケる事が結構あると思うのですが、
> >
> > compile flagsに "-D_XOPEN_SOURCE=500" を指定すると回避出来ます。
> > 例えば、configure前に環境変数
> > export CFLAGS="-D_XOPEN_SOURCE=500"
> > を指定するとか、make fileに追加するなどの対策でOKです。
>
> ハハ ^^); minicom の事ですね、簡単に結果だけです。
>
> -D_XOPEN_SOURCE=500 の設定で getline のエラーはなくなりましたが他の場
> 所でエラーが出ました。 minicom は、どうしても使いたいアプリではないの
> で時間あるときに調べてみます。手軽な jerm で事足りてるので … 。

"-D_BSD_SOURCE -D_XOPEN_SOURCE=500" を定義することで minicom-2.3 の
make が通りました。 xminicom は動作しませんが以前からなので無視してま
す。

"-D_XOPEN_SOURCE=500" だけでは
MAXNAMLEN が定義されてない
ushort なる型が定義されていてエラーが出ていました。

# 単純に理解できそうにないと感じました > _XOPEN_SOURCE 等の定義 ^^;


---------
とみおか

投稿者 xml-rpc : 2009年10月 1日 21:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89063
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。